2008年11月29日

病院へ

今朝、全然元気が無がなかったマルさん。
いつもの朝のお散歩にも出ず、枕でじっとしてます。

最近よくクシャミをしていたのも気になっていたので
午後から病院へ行って来ました病院

信号車内、信号待ち中のマルさん。

猫(泣)怖いよぉ
byouin1.jpg
車(セダン)車が苦手なので、ずーっと騒いでました。

病院の駐車場では、近くの猫にケンカをふっかけられました。
 あなたここらじゃ見ない顔ね
byouin2.jpg
年寄りのくせに、向かっていこうとするマルさん猫(怒)
無理だってあせあせ(飛び散る汗)

病院は混んでいて、しばらく待つことになりました。
待合室は全部わんこばかりで、おちつかないマルさん犬
byouin3.jpg

40分位待って、やっと診てもらえました。

体重と熱を測り、血液検査もしてもらいました。
その結果、特に異常なし。

腎臓に関する数値が悪いほかは、何も問題ありませんでした。
その悪い数値も、去年とほぼ変わりなくキープできていて
むしろ素晴らしいと褒めてもらいましたGood

クシャミに関しては、今のところ熱もなく風邪はひいていない。
鼻水と目ヤニが出ていないので、ウイルス性鼻気管炎の可能性も低い。
今はまだ判断がつかないので、治療の仕様が無いとのことでした。
風邪の初期症状かもしれないので、
ひどくならないよう注意するように言われました。

診察後、待合室でいつもの皮下点滴です。
byouin4.jpg

しばらくすると、先生が注射片手にやってきました注射
やっぱりクシャミが気になるので、注射を打っておきたいとのこと。
お尻に注射をされましたが、「むぅ・・」と小さく鳴いただけでした。
おとなしいマルさんに、周囲の人たちも感心しきりです。

いつの間にか待合室は全部にゃんこになっていて、
マルさんは大人気でした。

点滴や注射を嫌がらなかった時点で、もうヒーロー(ヒロイン)でした。
それとやっぱり20歳という年齢は珍しいようで、皆さん大盛り上がり。
そして、今日も3回言われた「大きいですね」の言葉。(詳しくはコチラ

あと「種類は何ですか?」とも聞かれました。
雑種だと答えると、驚いて「洋猫の混血ですか?」と聞かれました。
そういえば前回は血統書付きの猫と間違えられました。
どちらも目がクリッとして耳がシュッっとしてるからという理由。
ただの雑種のキジトラですが、やっぱり気品あふれるマル様です王冠ぴかぴか(新しい)

猫(笑)まぁね、フフフ
byouin5.jpg

点滴も終わり、受付で料金を払っていると、後ろで笑い声がします。
見ると、足元にいたはずのマルさんが、
いつのまにか出入口に向かって歩いてました。
点滴で膨れた体で、バランスが悪いのでヨタヨタとへっぴり腰で歩く姿の
なんと無様なこと・・・。マルさん、さっきの気品はどこへ??
待合室を爆笑の渦に巻き込んだマルさん。ようやく家へ帰れますよ。

と思いきや、途中で大渋滞に。
田舎の山道。ここで渋滞なんて今まで経験したことないです。
そういえば、さっき救急車とすれちがいました。
事故渋滞かぁ。マルさん、ついてないね。

いつもの倍以上時間がかかってようやく家へたどり着いたマルさん。
お疲れ様。
byouin6.jpg

部屋に戻っても落ち着かない様子のマルさん。
熱風にあたったり
byouin7.jpg

お腹に乗ったり
byouin8.jpg

猫ラジバンダリ
byouin9.jpg
冗談が言えるなら、心配することないですかね。

今日は特別に、ベッドでご飯食べてもいいですよ。
byouin10.jpg

しばらくウロウロして、結局オレンジベッドに落ち着きました。
byouin11.jpg

起きたらお薬ですよくすり
byouin12.jpg



いつもありがとうございます
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ 猫(足) banner.gif
お疲れ気味のマルさんにポチっとお願いします

ニックネーム ネコムラ at 22:55| Comment(8) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする