2011年01月16日

さいごのひ

皆様、沢山のコメント本当にありがとうございました。
ひとつひとつ、大切に読ませていただきました。
暖かいコメントに励まされ、だいぶ気持ちも落ち着いてきました。
本当にありがとうございました。

今日はお休みでゆっくり考える時間もあったので
マルさんの最期の日の報告をしたいと思います。

9日のブログを書いた後、マルさんをオレンジベッドに戻し
床に布団を持ってきて、マルさんの隣で撫でながら寝ました。

夜中に気配で目を覚ますと、マルさんが立ち上がっていました。
ヨロヨロと、トイレの方向へ歩こうとしています。
でも、とても歩ける状態ではないマルさん。
それでもオレンジベッドは汚していけないと思ったらしく
ベッドの外にお尻を向けてオシッコをしました。
おもらししてもいいように下にシートを敷いていたのですが
マルさんは最期まで、トイレの失敗をしたくなかったようです。

私が仕事に行っていたので、昼間は母が看ててくれたのですが
やはりトイレに行こうと立ち上がったそうです
歩けないので、抱きかかえてトイレの前に連れて行くと
一生懸命トイレの中に入ろうとしたそうです。

親戚が、要らなくなった猫用のオムツをくれたのですが
一度も使うことはありませんでした。

10日の朝、いつもどおり6時半に起床。
マルさんを見ると、ボーっとしていました。
仕事に行くつもりだったので、顔を洗いに部屋を出ようとすると
突然、マルさんが痙攣しはじめました。
すぐに治まりましたが、もう今日までだろうと思いました。

それからはずっとマルさんを撫でていました。
途中でふと思い立ち、写真を撮りました。
9日のブログの、カゴの中の写真。
薄暗い写真が最後だと嫌だな、と思ったのです。

saigo.jpg

7時38分撮影。マルさんの最後の写真です。

この後、段々息遣いが荒くなり、意識も朦朧としているようでした。
ずっとずっとマルさんを撫でていました。
何度も何度も、「ありがとう」を言いました。
時々まばたきをするのが、返事をしてくれているように思えました。

12時半頃、一度鳴いた後、また痙攣をはじめました。
あぁ、いよいよなんだな、と思いました。

マルさんの手を握って、身体をギュッと抱きしめました。
大きく伸びた後、小さく「くぅ」と言って、静かになりました。

いつかは来ると覚悟していた、最期の日。
辛くて辛くて仕方なかったけど、幸せでもありました。

マルさんの子供のミルくんとメルさん。
私は両方とも、最期に立ち会えなかったのです。
ミルくんにいたっては、お別れすらできませんでした。
私が学校に行ってる間に、親が全て片付けていました。
見せないようにという親心からだったのですが
十何年も経った今でも、それが心残りなのです。

ふたりがいなくなった時、支えてくれたマルさん。

マルさんの時は、絶対絶対立ち会いたいと思ってました。

部屋を出るのがあと数秒早かったら、
最初の痙攣に気付かなかったと思います。
マルさんが「今日がその日だよ」って教えてくれた気がします。

マルさん、ありがとう。
マルさんの子分になれて幸せだったよ。
またね。


【病気の最新記事】
ニックネーム ネコムラ at 23:13| Comment(24) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちのルーより長く生きたマルさん。素晴らしいよ。立派だったね。ありがとうマルさん。頭のアンテナ立ってるかい?みんなの思いを受信してネ。
Posted by ruuママ at 2011年01月16日 23:46
ネコムラさん、最期を看取るのは、お辛かったでしょう‥
でも、マルさんは大好きなネコムラさんに見守られて虹の橋に向かった‥マルさんは嬉しかったと思います。
きっと‥
Posted by ボナセーラ at 2011年01月17日 00:32
ネコムラさん、書いて下さってありがとうございました。
マルさん、女王様みたいに大往生でしたね。
マルさんとネコムラさんに、いつもいつも癒しいただいていました。
最後まで素晴らしい親分さん子分さん、
本当にありがとうございました。
Posted by 亜子ちゃんのマンマ at 2011年01月17日 00:36
そうですよね…
最後まで這ってでもトイレに行こうとするんですよね…
私のみっちゃんもそうでした…
来月はみっちゃんの三回忌です。

マルさんはネコムラさんに会えて幸せだったはずです。
いつも幸せそうな写真でしたよ。
Posted by Lazu at 2011年01月17日 03:01
マルさん最後までちゃんとしようとしたのですね。
ネコムラさんがマルさんの合図気がついたなんて絆です。
いつか来るであろう日は頭ではわかっていますが心がついていくかどうか。
マルさんが虹の橋にいってから心の波立ちが収まりません。
一度もあったこと無かったマルさんが大好きでした。
そして今も大好きな気持ち変わりません。
辛い思いを書いてくださりありがとうございました。
マルさんとネコムラさんの絆の深さ改めて確認できたように思います。
きっといつか姿を変えてネコムラさんの下の戻ってきますよ。
そんな気がします。

マルさんの最後の写真ありがとうございます。
この写真頂いていいですか?

ネコムラさんマルさんと一緒の生活ず〜〜っと続きますよ。
Posted by hitty at 2011年01月17日 08:26
ネコムラさん体大丈夫ですか?最期を看取るのは辛いですよね。でも看取れないのはもっと悲しい気持ち分かります。マルさんは最後も大好きなネコムラさんと一緒にいれて凄く幸せだったでしょうね。きっといつかまた姿を変えてマルさん会いに来てくれると思いますよ。
Posted by レオハル at 2011年01月17日 08:28
辛くて辛くて仕方がなかったけど、幸せでもあった…。わかるような気がします。いつかは迎えるその日その時をおふたりがそうやって過ごされた事が、私も、別れの涙は出るけれど嬉しくも思えるんです(⌒〜⌒)
マルさん、可愛かった。
マルさんの一生が最後まで幸せだった事が本当に嬉しく思います。
これからもネコムラさんの愛情はマルさんに届き続けますよ〜。そしてマルさんは安心してお空でお昼寝できるんだろうなぁ。ネコムラさんが仕事を終えたらいつも通り側にいてくれるかもしれないし!
そういうふうに永遠に繋がっているみんなはたくさんいますから!(b^ー°)ネコムラさんもファイトですぅ。ガンバッテ。
Posted by コハアンナ at 2011年01月17日 08:52
ネコムラさん、書いて下さってありがとうございます。
状況を思い浮かべながら読ませて頂きました。
泣いてしまいました。
会えなくなってしまうのはとても悲しくて辛い事だけど、マルさんとネコムラさんが最期一緒に過ごせて本当に本当に良かったと思います。
ネコムラさん、まだこれからも悲しみの波がくると思いますが、そんな時はマルさんの写真を見ていっぱい泣いて下さい。
泣くのを我慢しないで下さいね。
Posted by どんまま at 2011年01月17日 10:52
マルさんを最初に見かけた時不思議とすぐにウォッチ登録してしまいました。
きっとネコムラさんとマルさんとの愛情が詰まったブログだと心が察知したのかもしれません。
それからはずっと心和ませていただきました。
本当にありがとう!
最後までマルさんは幸せだったねって思える程のネコムラさんの愛情が伝わってきましたよ。
これからもマルさんとの思い出を大事にしてください。
そして前に進むことをきっとマルさんが後押ししてくれると思います☆
Posted by maru at 2011年01月17日 11:22
そうですね 最期をみとるのは自分にとっても大事なことです
私は最初に飼った犬の最後を看取っていません 家の中にいたのに痙攣を起こしたことも
わかっていたのに自室に戻り寝てしまいました  結局朝 亡くなっていました
ずっと悔いとして残っています
マルさん亡くなったのは残念ですが
精一杯生きた事、お世話された事はみんなが知っています


Posted by alley at 2011年01月17日 12:14
マルさんは最期の時をネコムラさんに看取ってもらい満足だったと思います
それでも泣いてしまいました
いつかは消える命、覚悟はしてても辛いです
私ももうすぐそういう時を迎える状態です。
19歳の子がいます。5度目の看取りです。
最期は私が看取って今までの感謝をしたいです
ネコムラさん本当にマルさんは幸せだったと思います
Posted by タカ at 2011年01月17日 15:30
ネコムラさん、書いてくださって、
ありがとうございます。

こちらにお邪魔するようになって2年と少し。その間も書き込みしませんでしたが、猫ちゃんが大好きだけど、事情があって一緒に生活できない私にとって、マルさんの姿を見にこちらへくるのがとっても楽しみでした。
毎日癒されていました。
本当にマルさんとネコムラさんに感謝しています。
本当にありがとうございました。

マルさんの最期の様子を聞いて、
涙が止まりません。

でも、マルさんはネコムラさんの元で生活できて、本当に幸せだったのだと思います。

ネコムラさん、本当にお辛いでしょうけれど、お体ご自愛下さいね。
Posted by sasa at 2011年01月17日 16:48
こんにちは!またお邪魔します。
猫ムラさんのマルさん最後の日の様子拝見しました。ブログを拝見しながら思わず、涙が浮かんできました。猫ムラさんは、マルさんと最後一緒に居れて良かったですよね〜。マルさんも
苦しいながら、猫ムラさんが傍に居るのをみながら、安心して、嬉しかったと思います。マルさんの最期のお話を聞かせて頂いて、有難う御座いました。新しい一日・・一日を頑張って行きましょう!猫ムラさんの事をマルさんは見守っていると思います・・・。
Posted by マルさん大好き at 2011年01月17日 17:34
マルさんに出会えて、よかった。

実家で一番懐いていた子によく似ていたので(性格が)、勝手に親近感すら抱いていました。
そのマルさんの最後を報告していただいて、
不思議ととても幸せな気持ちになっています。
ありがとうございました。

Posted by 綾乃 at 2011年01月17日 19:23
 まるさんとネコムラさんの大切な最後の時間を聞かせてもらって、ありがとうございます。会社では悲しすぎて最後まで読めなかったので、改めて家で読ませてもらっています。
 まるさんの大好きなお部屋で大好きな子分さんに見守られて旅立ったんですね。よかった。いつもネコムラさんの帰りを待ちわびてたまるさんだから、きっとこの日は安心して眠りにつくことができたんですね。まるさん、先に行った、うちの子たちと向こうでなかよくしてやってね。
Posted by もか at 2011年01月17日 19:49
マルさんはやっぱりすごいですね。
ちゃんと子分のネコムラさんに合図して、最後まで意思を持って立派にお空へお引っ越ししたんですね。
我が家のぐれの事も思い出して、読みながらも、歩きながらも涙がにじんで仕方ありませんでした。覚悟はしていても想像以上の辛さ悲しさ虚脱感に押しつぶされそうになるときがあると思いますがどうか頑張ってください。
ネコムラさんやご家族のマルさんへの「ありがとう」の気持ち、きっとマルさんの事だからちゃーんと受け止めてミルくんやメルさんとお空から見守ってくれる事でしょう。

そして私からもマルさん、ネコムラさんありがとう。
Posted by ぼすちん at 2011年01月17日 22:10
ネコムラさん、お辛いなか、
マルさんの最後の日を書くのは大変なことだったかと思います。
マルさんは最後にありがとうって一鳴きしてお空に旅立たれたのですね。
最後の最後までマルさんには感服です。
素晴らしい猫生を
ネコムラさんやご家族の暖かい愛に包まれて、全うされたのですね。
女王様顔のマルさん、おねだり顔のマルさん、帰りをまちわびているマルさん、表情豊かなマルさんを決して忘れません。
色々なマルさんを見せてくださって
本当にありがとうございました。マルさん23年間お疲れさまでした。
Posted by momochiko at 2011年01月17日 22:46
ネコムラさん、まだまだお辛いでしょうに…
マルさんの最期の様子、教えてくださって、ありがとうございます。
マルさんは最後まで賢く、素晴らしい猫ちゃんでしたね。

可愛くて賢いマルさんが大好き。絶対に忘れませんよ!
今まで、たくさんの癒しをありがとう。
Posted by まみーる at 2011年01月17日 23:31
さすがマルさん。きちんとネコムラさんに挨拶をして旅立ったのですね。最後を看取るのが飼主の最後の仕事だとわかっていますが、辛い仕事ですね。きっとマルさん戻ってくると思います。姿が変っていてもきっとネコムラさんにはわかると思います。
マルさん、ネコムラさんありがとうございました。
Posted by ducky at 2011年01月18日 00:30
マルさんネコムラさんお疲れ様でした。
私も高齢猫と一緒に暮らす身なのでマルさんの姿はとても勇気付けられ元気を貰っていました。ネコムラさんに沢山愛されたマルさんは本当に幸せだったと思います!
最期の瞬間までずっと幸せだったよね。
お別れは悲しくて辛いけどずっと忘れません。
マルさんは憧れです!
マルさんありがとう!
すこやかに眠って下さい。
Posted by とらにゃん at 2011年01月18日 13:19
マルさんは最後まで女王様らしく、立派な最後でしたね。

このブログを知ったのはつい最近の事ですが、キジトラのマルさんはウチの王様(笑)に良く似ているので(見た目も性格も)、なんだか他猫と思えずまた昔からよく知っているように勝手に思っていました。
マルさんの最後のお話やみなさんのコメントに涙が止まりません。

マルさんは、ネコムラさんを優秀な子分だと見込んで、ネコムラさんを選んでやってきた猫さんだったんだな、と思います。
猫ってきっと、自分で子分を選んでやってくるんだと私は思っています。
マルさん、
「ワタシの目に狂いはなかったわ!」
と思っているに違いありませんよ。

マルさんは、ウチの王様の目標です。
私もネコムラさんのような優秀な子分目指します。
マルさん、ネコムラさん、ありがとうございます。
Posted by スミレ at 2011年01月18日 20:16
ネコムラさん。
16日に読ましていただきましたが、黒の事とダブってしまい涙が出ました。
こちらは四十九日が終わり、やっと少し落ち着いた気がします。
昔の写真とか見ると結局泣いちゃうんですけどね・・・。
20年以上も一緒に暮らした家族。
居てくれていて当たり前だと思っていた存在。
黒が生きていてくれた時、久しぶりに旧友としゃべってて、黒の話題になったんです。
すると、

「え〜〜?そんなに長生きなの〜〜?よっぽど居心地いいんやなあ〜。その子幸せやなあ(^^)」

って言ってくれたんです。
とてもうれしかったです。
きっと、マルさんもネコムラさんと一緒で居心地が良かったんだと思います。
ブログを見ててもすごく分かりましたもん・・・。

まだしばらくはお辛いと思います。
寒い日が続いてますのでお身体大事にして下さいね。
Posted by kukia at 2011年01月21日 09:51
ネコムラさん
マルさんが虹の橋を渡って行った事知り、びっくりしました。さぞかしお辛いことでしょう。でも最後迄ネコムラさんに抱きしめられ天国へ旅立てたこと、きっとマルさんは幸せだった事でしょう。いつまでも何時までも何時までも一緒に痛い事。。。痛いほどわかります。私もペルタンが居なくなり8か月も立っているのに今だ引きずりブログも書けません。しばらくはお辛いと思いますが、お体お気をつけてお過ごしください。
Posted by perutan at 2011年01月21日 12:48
お久しぶりです。
マルさん、最後の最期まで偉かったね…
ネコムラさんが最期を看取れて良かった。
さすがマルさん!

最高齢まで生き抜いたマルさんの子分になれたネコムラさんは本当に幸せモノだと思います。

マルさん、長生きしてくれてありがとう。
Posted by peeko at 2011年01月23日 19:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字