2015年10月20日

忠猫

マルさんとメルさんは外飼い猫でした。

maru0023.jpg
左からメルさんマルさん

夜は倉庫に入れていましたが、
寒い冬の夜は倉庫につながる窓を開けて出入り自由。

maru0024.jpg
メルさん

倉庫にご飯もトイレも置いていて、
マルさんは賢いのでトイレはちゃんと倉庫に行きますが
ちょっとおバカのメルさんはお布団でしてしまうので
2匹とも寝る直前には倉庫に戻されてしいます。
もちろん、倉庫にもちゃんと寝床は作ってあります。

マルさんはトイレアピールもちゃんとできるので
早い時間からお部屋に入れてもらえてました。
そして私が学校や仕事から帰ってくるのを
お部屋の前でじっと待っていました。

maru0025.jpg
マルさん

ニックネーム ネコムラ at 15:35| Comment(5) | 昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by ポロン at 2015年10月20日 20:36
今晩は。

こちらでは、お久しぶりです。
マルさんは、お利口さんだったのですね。
ふたりとも仲良しで何より。
昔は、出入り自由のおうちが多かったですよね。

ではでは、おふたりさん、あちらの世界でも仲良くね。
Posted by at 2015年10月20日 20:42
 >>ポロンさん
コメントありがとうございます。
こちらは頻度が少なくて申し訳ありません。

当時は田舎で周囲に家も少なかったですから
むしろ外飼いの方が多かったです。

ふたり仲良く一緒にいることが多かったです。
というか、メルさんがママ大好きでついてまわってました。
Posted by ネコムラ at 2015年10月22日 01:30
ご無沙汰しています
我が家の猫たちは元気にしています
外に出ていたのに長生きだった
マルさん 
事故に遭わず運もよかったのですね
Posted by alley at 2015年12月23日 23:10
 >>alleyさん
マルさんの子供たちは2匹とも事故で亡くなりました。
運と経験の差でしょうか…。
高齢になっても敷地内を散歩していましたので
ストレスなく長生きしてくれたと思います。
Posted by ネコムラ at 2015年12月25日 02:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字